弁護士VS司法書士!過払いを取り戻すための相談窓口はどう違う?

過払いは誰に相談すべきか?

貸金業者に払いすぎたお金である過払い。

返還請求を行なう場合には、大阪では弁護士だけでなく司法書士にも相談することが出来ますが、果たしてどちらに相談するのが良いのでしょうか。

ここでは相談先の選び方をご紹介します。

 

弁護士と司法書士との違いとは?

過払いを取り戻す場合において、どのような違いが双方にあるのかというと、総債権額によって異なります。

140万円以下の場合では、双方とも交渉権・訴訟代理権を有していますが、140万円を超えると、司法書士にはそれらの権利が無くなります。

また弁護士は140万円を超えた場合でも交渉などが可能であり、その上集団訴訟や慰謝料の請求なども可能。債権額と併せて、依頼した場合の費用なども比べるといいでしょう。

 

goodsite

http://wwp-we.org/

 

大阪での事務所選びの方法とは?

弁護士、司法書士に関わらず、依頼をする時は法律事務所を選ぶことになります。

大阪にお住まいの方にとって、どのようにして選ぶべきかというと、1つは相談を無料で行なってくれるかどうかです。

その他には自分が想定される債権額や支払うべき弁護士費用などで事務所を選ぶと良いでしょう。

たくさんの事務所があるので、慎重に選ぶことが大切になります。

難病も京都・京田辺市・城陽市の施術所のひびき庵鍼灸院・整骨院で改善を目指していける

交通事故にあってしまった時など、整形外科といった病院に通うこともあるでしょう。

ですが、なかなか症状が改善できないことも少なくありません。

そんな時には、京都・京田辺市・城陽市の施術所のひびき庵鍼灸院・整骨院で辛い症状を改善させることができる可能性があります。

 

病院では治らなかった痛み

辛い症状を抱え続けることは、日常生活に支障をきたしていきます。

我慢し続けていくことが、結果として悪化させるだけで苦しみを長引かせてしまうのです。

病院でのレントゲン撮影は、骨などの異常を見つけることはできますが、筋肉や筋といった部分に関しては、発見することはできません。

そうなると、対処療法としてのシップを張るといった、ありきたりの方法になってしまい、なかなか改善していかないのです。

京都・京田辺市・城陽市の施術所のひびき庵鍼灸院・整骨院では、問診細かく行い、ひとりひとりに合わせて施術を行っていくからこそ、症状を見極めていくことができます。

手技で筋肉の凝りをほどき、的確な治療に結び付けることができるのです。

 

 

京都・京田辺市・城陽市の施術所ひびき庵鍼灸院整骨院

http://www.hibikian.com/

 

 

難病もあきらめることはない

京都・京田辺市・城陽市の施術所のひびき庵鍼灸院・整骨院では、難病と呼ばれる病気に対応する施術も行っています。

薬でしか対応できなかったものも、自己免疫力を改善していくことにより、神経伝達物質の分泌を促し、症状を改善していくことができます。

辛い思いで悩まず、一緒に改善の道を探していくことができるのです。